Welcome to Goldschmidt-Thermit Japan

ゴールドシュミットグループの歴史

history01-1
history01-2
history01-3
 1985年3月、ゴールドシュミットグループの歴史は、ドイツのEssen(エッセン)で特許(No.96317)を取得したことから始まります。アルミノサーミックを流し込んで行う溶接の起源は、19世紀末頃の発明にまで遡ります。
1895年頃、ハンス・ゴールドシュミット教授は、アルミニウム粉末と金属酸化物の還元反応から生じる膨大な熱が、金属を溶接するために使用することができる技術、アルミノサーミック反応を確立することに成功しました。この技術が20世紀初頭に路面電車のレールに使用され、1928 年にはドイツ鉄道の前身である帝国鉄道での連続溶接に使用されました。
第一次世界大戦以前、このThermite®溶接技術は、ドイツ国内の成功を通じ、世界へ広がりました。
第二次世界大戦後、各国で連続的なレールを作るため、Thermit®溶接が導入され始めました。それに伴い、Thermit®関連企業が発展、新しい会社、及び合弁会社の設立により、国際的な組織が体系的に構築されました。Thermit®の関連会社は、イタリア(1950年)を始めとし、インド(1951年)、ブラジル(1952年)、オーストリア(1952)、イングランド(1958)、米国(1967)、南アフリカ(1976年)、オーストラリア(1986年)、チェコ(1993年)、ハンガリー(1995)、中国(2004年)、日本(2008年)と次々に設立されました。
ゴールドシュミットグループは、1999年に親会社のゴールドシュミットAGから分離し、ドイツエッセンにあるカール・ゴールドシュミット社(VVG)に引き継がれました。サービスと保線能力を拡大するため、ELAUGENグループを2001年に買収しました。
2005年、ドイツ(Halle)Thermit®部材の生産拠点が建設され、ゴールドシュミット・テルミット・レールサービス GmbHが複数の欧州サービス会社を買収しました。その結果、ゴールドシュミットグループに属していた各企業が、世界的な鉄道網の近代化に適合していきました。
1955年、SmW急速溶接法の開発により、Thermit®溶接の所要時間の短縮、費用対効果の向上が可能となりました。1972年、さらに改善されたSKV迅速溶接法が、ドイツ国鉄を初め、世界中の鉄道事業者に広がりました。その後も、この溶接法は継続的に発展し、標準、ワイドギャップ溶接、コンポジット継手、ビニョーレトラム(溝)、および重セクションクレーンレールに繋がりました。
長年、当グループ各社は、テルミット溶接法だけはなく、他の技術にも焦点を当て、継続的に関連製品を開発してまいりました。例えば、油圧押し抜きせん断器(1970)、自動タッピング(1982)及び使い捨てるつぼ(1998)です。 1970年には、MT絶縁ジョイントの販売を開始しました。
history02-1
history02-2
1909年、東京でのテルミット溶接現場風景です。下の写真の右上に動物病院と電信柱の広告が見えます。
1909年(明治42年)は、日露間に満鉄連絡条約成立、東京で山の手線が開通、また、伊藤博文がハルビン駅で暗殺された年でした。
さらに、鉄道青年会が誕生、関西本線・鹿児島本線・高崎線が全通した年でもありました。

ハンス・ゴールドシュミット

ヨハネス(ハンス)・ヴィルヘルム・ゴールドシュミット(1861年1月18日-1923年5月21日)は、ドイツの化学者でした。
ベルリンで誕生し、ガスバーナーを発明・開発したロバート・ブンゼンに師事しました。父親であるテオドール・ゴールドシュミットは、後に現在の会社となるDegussaの前身の化学製品会社Chemische Fabrik Th. Goldschmidtの創始者であり、ハンスと彼の兄弟のカールは長期に渡り、この会社の経営に携わりました。
ハンスは、主にテルミットの発明者、及び、ナトリウムアマルガムの共同発明者として知られています。テルミット(又はアルミノサーミック)反応とは、アルミニウム金属が別の金属の酸化物(通常は酸化鉄)によって酸化することです。この反応は、溶接や発火装置に使用されています。彼が1893年に発明して1895年に特許を取得し、1898年に多数の論文を発表したことから、「ゴールドシュミット反応」や「ゴールドシュミット法」とも呼ばれています。
彼が眠るお墓は、現在、Hallesches Torの南に位置するBerlin-KreuzbergのプロテスタントFriedhof I der Jerusalems-und Neuen Kirchengemeinde(エルサレム教会と新エルサレム教会省No.I共同墓地)にあります。

News

第6回 鉄道技術展に出展いたします

前々年に引き続き、今年も鉄道技術展に出展いたします。 ブース場所、展示内容等詳細に関しては、後程弊社サイトに掲載いたします。 ・開催日時:2019年11月27日(水)~29日(金) ・時間:10:00~17:00 ・会場 …

鉄道技術展公式ロゴ

イノトランス2018に出展いたしました

先月9月18日~21日までドイツのベルリンで開催されたイノトランス(Inno Trans 2018)に出展いたしました。 世界各国からの来場者はのべ約16万人、出展企業は3,062社と大変な賑わいを見せておりました。 軌 …

Thermit®溶接材料・機器の日本での総代理店

お問い合わせ

株式会社 ゴールドシュミット・テルミットジャパン
東京都港区芝公園3-4-30
32芝公園ビル3階
TEL:03-6820-8666

PAGETOP
Copyright © Goldschmidt-Thermit Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.